フラワー空間コーディネート・フラワーアレンジメント教室/東京都練馬区石神井公園、練馬高野台

Diary

こんにちは。

フラワー空間コーディネート&練馬区石神井公園のフラワーアレンジメント教室アトリエ・エコルの津村伊登子です。

いよいよ今日で8月も終わり。今年の夏もあっという間でした^^;

 

今年の夏休みも、私は娘と関西に帰省してきました。

帰省中、久しぶりに奈良公園へ行ってみました。母と娘の3人で行くつもりが、娘は母とお家で遊ぶということに。

 

それはそれでラッキー♪と、足取りも軽く(笑)ひとりで行ってきました^^

 

IMG_7386

 興福寺の五重塔

 

奈良公園は小さいころから当たり前に近すぎて、なんとも思っていなかったのですが。

離れて暮らすようになってからは、ときどき無性に行きたくなります。

 

 

IMG_7393

 

 

広くて緑が多くって、歴史のある建物や鹿もいっぱいで(笑)。

いいところだなぁとしみじみ。

 

この日はひとりということもあり、ほんとに久しぶりに奈良公園~春日大社をゆったり巡ってきました。

 

 IMG_7408

 

春日大社も美しい。

この春日大社や春日山原始林を含む「古都奈良の文化財」は世界遺産にも登録されています。

 

 

IMG_7405

 ご本殿の回廊(重要文化財)

 

ほんとに何度も行った場所なのに、点在するお宮をまわって「へぇ~、こんなとこあったんだ」とか。

 

ひとりでブツブツ言いながら歩き続けw、

最後の仕上げはこの日一番楽しみにしていた「奈良ホテル」へ。

 

 IMG_7417

 

 

ここ奈良ホテルも住んでた頃はわざわざ行く機会のあまりないところ。

本館の建築は、東京駅や日本銀行本店などを手掛けた建築家・辰野金吾氏によるものです。

 

IMG_7410

 

IMG_7416

 

どっしりと落ち着いた雰囲気の建物は重厚感にあふれ、時の流れもどこかゆったりしていました。

 

 

IMG_7412

 

 

ティーラウンジで緑を眺めながらケーキセットをいただいて。
(ティーラウンジは断然窓際の席がおすすめです♪ 席が空いていたらリクエストしてみてください)

 

 

…と、大満足の1日でしたが、8月の炎天下の中をウロウロ歩くには距離がハンパなかったーーー!

小さい頃の記憶が強くて体力を過信していたこともあり、夕方から軽い熱中症?のような感じになってダウン。

奈良駅~奈良公園~春日大社~奈良ホテルって、普通ならバスや車で移動してもおかしくない距離です(汗)。

 

IMG_7401

 

 

今回私が訪れた場所はほんっっとうにどこも美しく、奈良に訪れた際にはぜひとも行っていただきたいのですが、くれぐれもご自身の体力にあわせてご調整ください(笑)。
(行きは歩いても帰りはバス、とかね)

 

いやぁでもほんと、奈良いいところです!!!!!!

次帰ったときもまたいろいろ行きたいなぁ(ひとりでw)。

 

↓奈良に訪れる方の参考に。
紅葉の季節なんてサイコーですよ、きっと^^

◆奈良公園

春日大社

奈良ホテル

 

 紅葉の季節と言えば…
アトリエ・エコルのフラワーアレンジメントレッスンでも、秋に出会えますw

9月レッスンのご予約、受付中です。

 

↓ランキングに参加しています。1クリックご協力いただけると嬉しいです^^ 

にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村

お花やさんバナー

お花やさんの場所や営業時間など、こちらでご案内しています♪ 

 

*フラワー空間コーディネート*
*東京都練馬区のフラワーアレンジメント教室*
atelier-ecoru

2017/09/08|コメント(1)

コメント

  • 憧れだった奈良ホテル。
    以前泊まったことがありますが、普通のツインのお部屋。
    バス・トイレが狭く う・・・・ん。
    クラシックホテルもいいですが、設備的には最新のホテルのほうがいいですね。
    夕食はホテルのお勧めのお店に行きましたが、大失敗でした(涙)

    でも 奈良は素敵なところですよね。
    また行きたいと思っています。

    2017/09/11 19:23|生徒K

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Page Top ↑